外来のご案内

一般皮膚科

保険外・美容皮膚科

院内のご紹介

ニキビ治療について

にきびは多くの方(90%)が経験するありふれた皮膚疾患です。
そのため医療機関を受診せず放置してしまう方が多くいらっしゃいます。
インターネットの情報や、様々なスキンケア等を試すこともあるかと思います。にきびは早期治療が重要です。治療は昔と比較して進歩しております。

ほとんどのにきびは保険診療範囲内での標準治療で十分な効果が得られております。

~コメドをご存知ですか?~

コメド(面皰:めんぽう)とはニキビの発生初期の段階で、毛穴が角質様物質でつまったものです。
面皰の中でも微小面皰と言われる見た目ではわからないくらいのものから始まります。初期症状であるコメドの治療を早めに始めることが、赤にきび→ニキビ痕(あと)にならないための予防治療となります。
現在は初期段階である面皰(コメド)の治療が標準治療となっております。

にきび治療で大切なこと

① にきびのことを知る(発症原因など)
② 早めに皮膚科専門医の診察を受ける。
③ にきびは短期間では治癒せず、一旦良くなっても再発を繰り返すことが多く、根気強く定期的な通院治療が重要となります
「なかなか改善しない。」と悩んでいる患者様はあきらめずに、悪化因子を検討、治療方法を変更しながら、治療を継続していくことが重要です。
④ にきびの根本治療はコメド(面ぽう)の予防治療をすること。
⑤ ご本人にとって最適な、正しいスキンケアをする。生活リズム、食生活、ストレスなどに注意すること。

にきびと間違う皮膚疾患があります

患者様が普通のにきびと自分で判断していても、違う場合があり注意が必要です。
例)酒さ、顔面播種状粟粒性狼瘡、真菌性、薬剤性によるもの等。

治療受診について

診察時、正確な診断のため、すべてのメイク(化粧水、乳液、日焼け止めなど)は落としていただきます。

発症時期、今までに行った治療内容、普段のスキンケアをお聞きします。(効果、使用していた薬、副作用などの確認)

使用中の化粧品について、生活スタイル、(女性の場合)生理との関連など問診いたします。

当院のにきび治療

  • 当院では保険治療を第一選択、標準治療としております。
    面皰(コメド)治療:過酸化ベンゾイル、アダパレン製剤外用
    炎症性にきび:抗菌剤外用、内服
    (耐性菌予防のため、抗菌剤外用や内服は短期で終了し、極力使用しないようにします。)
    その他漢方薬など。
  • 肌状態を正確に診察して、その方に合ったスキンケアやにきびを悪化させないための化粧指導を行います。
  • 婦人科疾患、ホルモンバランスが原因と考えられる場合には併設した婦人科との連携も可能です。
  • また、難治性にきび、副作用等で保険診療が不可能である場合、にきび痕などに関しては、ご希望があれば保険外診療もご相談可能です。
    保険外診療としては、ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴールピーリング)、ロングパルスNdヤグレーザー、光治療(IPL)、イオン導入 などを行っております。(詳細は美容皮膚科のページへ)
    また、ご自分のにきびを客観的に見たり、治療経過を比較したい方は、肌画像撮影装置(レビュー2)も対応しております。

※患者様から、この治療をしてほしい、とお願いされた場合にお受けできない事があります。ご本人にとって適切な治療を、医師が選択し治療を行っていきます。

コメドを見つけたら、早めに皮膚科受診を。

顔にぷつぷつした皮疹を見つけたら、それはにきびの初期段階のコメドかもしれません。
小学生中~高学年頃になると、にきびだと気づかないで来院されることがあります。(あせもや湿疹と間違っている)
皮膚科では、できてしまったにきび治療、できないようにするための予防治療(コメド予防)、良い肌を維持する治療が可能です。
にきびは皮膚疾患なので、市販薬、ケアだけではなく、皮膚科での治療が大変重要です。

コメド治療の治療前、治療中に、医師、看護スタッフが正しいスキンケア方法をご説明させていただきます。
(コメド治療:過酸化ベンゾイル製剤やアダパレン製剤)
コメド治療はまず3か月を目標に続けますが、その後も再発を防ぐため、継続的な治療が必要です。

にきびがある思春期の患者様へ

ホルモンの影響で、にきびができやすい思春期のお子様は勉強や部活で忙しく、市販薬や自己流のスキンケアなどで放置しがちです。悪化してにきび痕にならないため、将来良い肌を保つためにも、早めに皮膚科専門医を受診しましょう。

当院では患者様の皮膚の状態、生活スタイルに合わせた治療、スキンケア指導を行うように心がけています。ご不明な点があれば、遠慮せずお気軽にご相談いただければ幸いです。

にきび肌のスキンケア

画像:スキンケア

  • 1日2回、朝晩、泡でやさしく、ぬるま湯で洗いましょう。必要以上に長い時間をかけてオイルや多くの泡で洗わない。
  • スクラブ洗顔やブラシなどで摩擦して洗顔しない。
  • ノンコメドジェニック化粧品を使用しましょう。
  • コットンではなく、スキンケア用品は手でやさしくつけましょう。
  • こすったり、さわったりしないようにしましょう。
  • 適度に保湿しましょう。過剰な保湿は避けましょう。(思春期の方は特に保湿剤は必要以上に行わない)

にきび肌のメイク

画像:メイク

  • メイクは目、口紅などを強調したポイントメイクを。(にきびへの視線を減らす効果あり)
  • パウダーファンデーションをおすすめします。(スポンジでたたかない、こすらない、パフでやさしくのせる)
  • 日焼け止めも使用します。生活パターンにあったSPF、PAを選択します。
    (可能なかぎり2~3時間毎の塗りなおしをしましょう。)
  • 洗顔で落としやすい化粧をしましょう。
  • パフなどは洗ってよく乾かし清潔にしましょう。

※今後も新しい治療や、スキンケア情報などをお伝えしたいと思います。
※にきびは治療が必要ですが、治療を妨げないような正しいスキンケアやメイクを心がけることも大変重要となります。
※当院ではご希望の方に、患者様に適した化粧品サンプルを配布しております。