外来のご案内

保険外治療

院内のご紹介

皮膚科外来のご案内

皮膚科は副院長 小泉裕子が担当いたします。
これまでの皮膚科医としての経験、知識を活かし、皆さまに安心して治療が受けられるよう日々診療に努めてまいります。

皮膚疾患は目に見えるため、外見上の悩みや、生活への支障をきたすこともあります。患者さまのお悩み、背景、ご要望などを考慮したうえで最適な治療を行い、患者さまにとっての良い皮膚を取り戻していただきたいと考えております。

皮膚でお困りのことがありましたら、些細なことでもかまいません。
どうぞお気軽にご相談ください。

受付時間

受付時間 皮ふ科(初診/再診)
午前 8:45〜12:00
午後 13:45〜17:15
診療時間
9:00-12:00
14:00-17:30 × ×

休診日:日曜日、祝日(※臨時休診あり)

初診・再診ともに午前は12時、午後は17時15分までの受付をお願いいたします。

※ クリニック玄関開錠時間は産婦人科、皮膚科とも午前8:45となっております。

※学会など出席のため、臨時休診する場合があります

受付時間についてのお願い

  • 検査などが必要な場合がありますので、なるべく時間に余裕をもってご来院ください。
  • 診療状況により受付人数が上限に達した場合、通常より早く受付を終了させていただくことがございます。ご了承ください。

皮膚科の診療内容

乳幼児からご高齢の方まで、皮膚疾患全般の診療を行います。
基本的にガイドラインに沿った標準的な治療を行います。
軟膏の塗り方なども丁寧にご説明いたします。

皮膚科一般
  • 湿疹、皮膚炎、アレルギー疾患
    アトピー性皮膚炎、かぶれ、脂漏性皮膚炎、あせも、じんましん、薬疹、虫刺されなど
  • 感染症
    とびひ、水虫、カンジダ症、ヘルペス、帯状疱疹、みずいぼ、疥癬など
  • 慢性皮膚疾患
    乾癬、類乾癬など
  • 色素の異常
    しみ、白斑など
  • 腫瘍
    ほくろ、皮膚良性腫瘍、皮膚がんなど
  • 毛髪の異常
    円形脱毛症など
  • その他
    にきび、やけど、外傷、床ずれ、足のトラブル(たこ、うおのめ)、巻き爪、陥入爪など
女性に多い皮膚疾患

にきび、酒さ、妊娠中の皮膚のかゆみ、帝王切開後による傷のケア、授乳による皮膚トラブルなど

ホルモンバランスが関連する皮膚疾患については、併設する産婦人科と連携して治療を行います。

小児皮膚科

おむつかぶれ、脂漏性湿疹、新生児のにきび、あせも、アトピー性皮膚炎、いぼ、とびひ、みずいぼなど

当院でご出産された赤ちゃんの皮膚症状の診察を、入院中個別に診察いたします。
ご希望の方には入院中に赤ちゃんのスキンケア指導も行います。

検査と治療
  • 検査内容
    真菌検査、ダーモスコピー検査によるほくろ、腫瘍の診断、パッチテスト、アレルギー検査、皮膚生検(病理組織検査)など
  • 治療
    創傷、熱傷処置、軟膏処置、液体窒素、小手術(当院で対応可能な場合)、その他、スキンケア用品(敏感肌、ニキビ、美白用など)の取り扱い